読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ移転しました。5秒後に自動で移動します

ブログ移転しました。移転先はhttp://dognalab.com/です。

VE Monk+が届きました。

移転しました。

 

ついにきました。話題のインナーイヤー型イヤホン「VE Monk+」です。

このイヤホン、すでにご存じの方も多いと思いますがVentureElectronicsというメーカーが作ってるイヤホンで、一番の下位モデルになります。上位機種にASURA、ZENなんてモデルがあったりします。このイヤホンの最大の特徴は音質と価格。お値段なんと5ドル。たったの5ドルですよ奥さん。ちょっと昼飯我慢したらイヤホン買えるんですよ。恐ろしい。日本でもAppleJuiceさんというところが代理店をやっているらしいですが、自分は例のごとくAliexpressで購入してました。送料含めても10ドル行かないです。安い。では開けていきましょう。

f:id:dogna:20160507195653j:plain

左の怪しさ満載の袋に入っていました。左下のやつ誰だ。こういうの大好きなんです、はい。中に入っていたのは本体とスポンジです。ただスポンジの質はあんまりよくなさそうなので、使いたくなったらSeahf2.0の方についてきたものを使いたいと思います(ガワは一緒)。まああんまりスポンジ好きではないのですが。

かる~く聴いてみました。プレイヤーはIBM CD-400。音源は女性ボーカル中心です。思ったよりバランス良かったです。もっと低音出るのかと思ったけど、意外と中高域もしっかりしてます。かなり自然で違和感のない、心地よいサウンドです。普通に解像度も高いですし、音の破綻もありません。これが5ドルか・・・

まあまだ鳴らし始めなのでなんともいえませんが、少なくとも5ドルでこれが手に入るのは面白いんじゃないでしょうか。このお値段なら適当なプレゼントにも使えそう・・・、ある程度使い込んだらまたレビューしていきたいと思います。

こうなるとこれの上位機種のZENやASURAなども気になりますね。まあ少しお値段が張ってしまうので購入するかどうかはまだわかりませんが、試してみたいですね。

まだまだ中華オーディオ製品が次々と我が家にやってくるので、皆様楽しみにしていてください。ではまた。